TOP > 商品案内 > 抹茶ラテ(白抹茶)(MATCHA LATTE)

抹茶ラテ(MATCHA LATTE)

ふりかけで培った混ぜるという技術と企画力で、抹茶日本三大玉露産地のひとつ地元静岡の朝比奈の碾茶から作った、深緑の上質な抹茶をコクのあるミルクで仕上げた甘さを控えた香豊かなで濃厚な抹茶ラテ(白抹茶)です。ただ甘いだけの「抹茶ラテ」とは一味もふた味も違う磯駒海苔お勧めの逸品です。
「玉露」は日本茶の中で最も極上品と知られるもので、朝比奈には「玉露の里」があり、日本三大玉露産地のひとつです。
2014年2015年iTQiに於いて優秀味覚賞を受賞しました。

※カップに本品を開けると、量が多く感じますが、ホットの場合100ccと少量でお召し上がることをお勧め致します。一気に100cc注いでしまうのではなく、最初はごく少量、粉末状のラテを練るような感じで混ざったら、少し多めにお湯を注ぎまぜ、最後に100ccになるように何回か分けてお湯を足すこと、ダマが出来ずに美味しくお召し上がりいただけます。
アイスの場合は50cc程のお湯を注ぎ、よくかき混ぜてたっぷりの氷を入れてからお召し上がりください。

朝比奈について

日本三大玉露産地のひとつ朝比奈地区豊かな自然に囲まれた朝比奈地区(静岡県藤枝市岡部)は、茶葉の育成に適した環境であり、京都の宇治、福岡の八女と並ぶ「玉露」の三大産地である。






日本三大玉露産地のひとつ朝比奈地区 碾茶の栽培風景

玉露と同じように、茶園をヨシズやワラで覆い(被覆栽培)、日差しをさえぎる覆いをする。少ない光で葉中の葉緑素を増やし、 抹茶の冴えるような色とうまみの成分のテアニンを増やします。 お茶の主な有効成分は、タンニン、カフェイン、ビタミン類。 ただし、ビタミンAや繊維質は、お茶の葉には含まれているものの、 水に溶けない性質のため、煎茶や玉露などでは茶殻に残ってしまいます。 抹茶のすぐれたところは、これらの成分を余すところなく口にできるということ。 「抹茶は苦いもの」と先入観をお持ちの方も多いようですが、意外にも渋みのなさが持ち味。煎茶に比べ、うまみの素となる アミノ酸の含有率は高く、逆に渋みの素となるタンニンなどが少ない、まろやかな味わいが特徴です。

抹茶

深緑の上質な抹茶をふんだんに使用しました。







原材料名 乳等を主要原料とする食品、砂糖、抹茶、カゼインナトリウム、pH調整剤、乳化剤、香料(原材料の一部に大豆を含む)
内容量 13g
価格(税別) 抹茶ラテ(白抹茶)和風デザイン 13g(白抹茶 和風デザイン)×5袋:500円
抹茶ラテ洋風デザイン 13g(抹茶ラテ 洋風デザイン)×5袋:500円
抹茶ラテ徳用 500g(抹茶ラテ徳用):2,300円
アレルギー物質

乳、大豆